近年の木材チップの需要は、バイオマス発電をはじめとしたエネルギーへの利活用が盛んになっています。燃料として利用することでカーボンオフセットと連動し、CO2を削減するという考え方が一つのムーブメントになっています。

そんな中、「東京ボードグループ」では、事業の主軸をあくまで木のマテリアルリサイクル=パーティクルボード製造におき、低炭素社会の実現に取り組んでいます。
一般的に木材の炭素固定量は重量の約50%といわれており、「東京ボードグループ」ではCO2削減のコンセプトの中でも「炭素の固定化」に着目。廃木材をパーティクルボードにリサイクルすることで、燃料利用と比較しても同等、もしくはより以上のCO2を削減(炭素固定)することができると考えます。「横浜エコロジー」では、パーティクルボード原料用の木材チップをメインに製造。東京ボードグループの原料調達の一角を担い、低炭素社会の実現に取り組んでいます。

しかしその一方で、全ての廃木材がマテリアルリサイクルできるとは言えない現実もあります。

「横浜エコロジー」では、少しでも多くの廃木材をパーティクルボード原料にするべく、エキスパートによる手作業での選別に加え、様々な設備による品質管理を行ないながら、どうしてもマテリアルリサイクルに不向きなチップに限り、バイオマス発電などのエネルギー利活用施設へ供給しています。

神奈川県最大級!744t/日の処理能力と最新の独自技術ときめ細やかな対応で、あらゆる廃木材のリサイクル推進に貢献できる企業を目指し邁進してまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
商  号 横浜エコロジー株式会社
所 在 地 神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目4番地2
TEL:045-778-1153
FAX:045-778-1154
設立年月日 平成16年2月(工場稼動開始:平成17年11月1日)
資 本 金 1,000万円
事業内容 産業廃棄物処理業
 許可番号 : 第05620122518号
 許可年月日: 平成17年11月1日
 品   目: 木くず
一般廃棄物処分業
 許可番号 : 第1305号
 許可年月日: 平成18年11月1日
  中間処理(木くず・破砕)
  処理能力 744t/日
廃棄物再生事業者登録
 登録番号 : 第G00254号
 登録年月日: 平成19年5月25日
 事業の内容: 木くずの再生
  ※電子マニフェスト加入済
役  員 代表取締役社長  齋藤 哲吉
代表取締役専務  井上 弘之
  取 締 役  高橋 義幸
  取 締 役  高橋 義和
  取 締 役  佐藤 實
  取 締 役  佐藤 保
  監 査 役  橋 宏文
  監 査 役  井上 平八
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 東京営業部
みずほ銀行 横浜中央支店
 
■主要取引先 株式会社竹中工務店 株式会社長谷工コーポレーション
  伊藤忠建材株式会社 ジャパン建材株式会社
  住友林業株式会社 双日建材株式会社
  SMB建材株式会社  
 
■関係会社 東京ボード工業株式会社
代表取締役社長 井上 弘之
  早川海陸輸送株式会社 代表取締役 高橋 義幸
  ティー・ビー・ロジスティックス株式会社 代表取締役 津田 一正
 
 

【 施設概要図 】
敷地面積:4,555.24u  建物延床面積:2,525.98u(工場棟+事務所棟)
 
All Rights Reserved, Copyright(C) YOKOHAMA ECOLOGY CO., LTD. since 2007